韓国代表メンバー発表!欧州遠征の23人にJリーガー4人選出。

さぁ、ワールドカップに向けて韓国代表の23名が発表されましたね。

韓国代表は24日に北アイルランド代表、28日にはポーランド代表と国際親善試合を行います。

韓国代表23名発表!

▽GK
キム・スンギュ(神戸)
キム・ジンヒョン(C大阪)
チョ・ヒョンウ(大邱FC)

▽DF
ホン・ジョンホ(全北現代)
キム・ミンジェ(全北現代)
金珍洙(全北現代)
チェ・チョルスン(全北現代)
イ・ヨン(全北現代)
チャン・ヒョンス(FC東京)
ユン・ヨンソン(尚州尚武)
金民友(尚州尚武)

▽MF
キ・ソンヨン(スウォンジー)
チョン・ウヨン(神戸)
パク・チュホ(蔚山現代)
イ・チャンミン(済州ユナイテッド)
クォン・チャンフン(ディジョン)
ク・ジャチョル(アウクスブルク)
イ・ジェソン(全北現代)
ヨム・ギフン(水原三星)

▽FW
キム・シンウク(全北現代)
ソン・フンミン(トッテナム)
ファン・フィチャン(ザルツブルク)
イ・グノ(江原FC)

Jリーグからは4人選出され、セレッソ大阪のGKキム・ジンヒョン、FC東京のDFチャン・ヒョンス、ヴィッセル神戸からはGKキム・スンギュ、3年ぶりに復帰したMFチョン・ウヨンの2人が選ばました。

チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)と、クォン・スンテ(鹿島アントラーズ)あたりは年齢的になかなか難しいのかもしれないけど…ベテランGKは存在だけでプラスですよね。

トッテナムのソンフンミンは覚醒中!

ソン・フンミン、2年連続プレミア二桁ゴール達成していますし、トッテナムは公式戦で3月8日にユヴェントスに敗戦するまで17試合連続無敗でした。

1敗を経験してストップするかと思われたトッテナム旋風ですが、ボーンマスに4-1で勝利をするなど強さはブラフではありませんでしたね。

現在プレミアで3位、1位はマンチェスターシティで勝ち点78、2位はマンチェスターユナイテッドで勝ち点65、3位のトッテナムは勝ち点61となっているので…シティのすごさが際立っていますけど、3位は立派ですよね。

ソン・フンミンはリーグ戦で、2年連続二桁ゴール中。

ちなみにホームゲームで2004年のジャーメイン・デフォーが決めた5戦連続ゴールに14年ぶりに並ぶなど…数多くの素晴らしい記録を達成しています。

E-1で日本に4-1で勝利した韓国代表

シン・テヨン監督はファンやメディアに支持されていなかったものの、E-1で日本代表に大勝してチームとしての求心力を高めた韓国代表。

日本に勝ってタイトルを獲得したことはかなり大きかったんですよね。

シン・テヨンの将来はとりあえず、ワールドカップまではクリアできましたね。

当確線上にあったキム・シヌクが活躍して、ソン・フンミン、ファン・ヒチャン、イ・グノのロシア行きが有力でしたが、キム・シヌクは3人とはまったく異なるタイプのFWとして、攻撃の引き出しを追加することができました!

だが…トータルではロシアワールドカップではかなり厳しいよね…。

死の組のF組。ドイツ、メキシコ、スウェーデンと闘います。

「正直に言って、課題は山積みです。今大会で優勝したとはいえ、ロシアW杯で戦う相手はもっとレベルが高い。攻撃と守備、組織力などあらゆる面でレベルアップが必要でしょう」

勝ち点1を取れるかどうか…っていうところでしょうね…。

韓国代表がミラクルを起こせるか?それにはこの欧州遠征で新勢力を試せるか?によると思います。