岡崎慎司、乾貴士を選ばなかった理由は得点力?

ハリルホジッチの中で岡崎慎司と、乾貴士は得点力ないと思っている選手なんだなー。

日本代表欧州遠征メンバー26名を発表したヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、FW乾貴士(エイバル)とFW岡崎慎司(レスター)を招集外とした理由を説明していました。

今回の選出は得点力を重視

リーガエスパニョーラのエイバルで定位置を掴んでいるにも関わらずメンバーから外れた乾貴士は、「もちろん追跡している」と強調した上で「得点力」を重視したことを明かしたハリルホジッチ。

乾別に得点力ない選手だとは思わないんですが…それでもハリルの中で何か問題点があったんだろうね。

「彼の代わりに(原口)元気、宇佐美(貴史)、中島(翔哉)を選んだ。前線は得点を取ることが基準になる。この前の試合では宇佐美と大迫(勇也=ケルン)がゴールを決めた」

原口、宇佐見、中島は乾と同列のメンバーなんだろうねー。サイドハーフに近い、ウインガーの当落線上に乾貴士はいるんだね。

ポルトガルで活躍している中島が上がってきているのが乾貴士選出がいの理由かもしれませんね。

センターフォワード候補は岡崎より大迫&杉本&小林悠?

日本代表で圧倒的に点を取っている岡崎慎司を選出がいにした理由についても

「今回は小林(悠)、杉本(健勇)、大迫を選んだ。岡崎とは違うクオリティを持っている。より得点を奪うことができる選手だ」

ということで大迫勇也、小林悠、杉本健勇のクラブでの得点能力の高さを中心に選出したことを明かしていました。

ゴールを意識するっていうのは本当に大事で、小林悠は去年得点王だし、その小林悠と1点差で得点王争いは負けたものの、日本代表としては結果を出し続けている杉本健勇。さらにはんぱない大迫勇也。

この三人は確かに日本代表としてセンターフォワードで出ていてもおかしくない選手ですよね。さらに言えば、小林悠はウインガーとして、4-3-3のFWの左でも右でも対応出来るのが素晴らしいよね。

「レスターでやっている岡崎の役割は日本代表とは違う。そういった意味で、このような選択をした。違う選手をトライしたということ」

っていうのが岡崎慎司が選ばれなかった理由らしいです。それは厳しいことだけど仕方ないことだよなー。

1年前に調子が良かった選手をずっと信頼し続けるのではなく、現在良い選手が入ることになるっていうコンディションを重要視するとしたハリルホジッチ。

彼が選ぶ選手で世界と戦うしかないので、応援していきましょうね!!