日本代表はだれを呼ぶべきか?

ハリルホジッチ監督の選手選考はどうしても物議をかもしますが、それでも呼ぶべき選手は読んでいる印象です。

日本代表に呼ぶべき選手として試してもらいたい選手は、数人いますが、もうその時期ではないのかな…。

ただ前回の大久保嘉人のように、凄いタイミングで呼ばれる選手がいないとも限らないので…日本代表に呼ばれていない選手で、「この選手を呼ぶべき!」っていう選手をポジション別に1人ずつ上げていきます!

GK…林卓人(サンフレッチェ広島)

もうわかってるんだ。4人の中から3人だって。

川島永嗣、中村航輔(柏レイソル)、東口順昭(ガンバ大阪)、西川周作(浦和レッズ)の4分の3ですよ。

こないだの鹿島アントラーズ戦でのPKストップがあれど、権田修一(サガン鳥栖)や林卓人が選ばれる可能性はほぼゼロでしょうね。

というか、東口or西川のうちの1人だと思います。

だけどね…浦和レッズもガンバ大阪も調子が悪いんですよ。だからこそ、調子のいいチームからGKを選出して、いい雰囲気を持っていくっていうのはアリだと思います。どうせ川島永嗣だし…。

DF…中山雄太(柏レイソル)

21歳の若手DFながら柏レイソルの中心選手として大活躍している中山雄太。この選手は代表で見てみたいです。

特に、2016年10月のAFC U-19選手権では準決勝ベトナム戦を除く5試合で冨安健洋とセンターバックを組んで、全試合を無失点で大会初優勝したり、2017 FIFA U-20ワールドカップでは再び冨安と共に全試合にフル出場して、グループリーグ第2戦ウルグアイ戦からはゲームキャプテンを務め、ベスト16進出に貢献したりと、世界大会の経験もたくさん積んでいる選手なので、ワールドカップに飛び級で読んでもおかしくないのかなと。

吉田麻也が怪我しているので、谷口彰悟(川崎フロンターレ)あたりが呼ばれてもおかしくないですけどね。

MF…中村憲剛(川崎フロンターレ)

この人を呼ばない理由は何?中村憲剛は別格ですよ。

今クラブではそこまで長い時間闘っていない印象もありますが…中村憲剛が出場したゲームの勝率は本当に高いです。

クラブでもしっかりやっているし、代表でも過去に活躍している選手で、今が一番うまいと思います。経験値と、類まれなるパスセンスは若手選手ではかなわないと思います。

そして、性格もいい一生のサッカー小僧ですから、リーダーシップも取れるし、ベンチにいてもチームの雰囲気をよくする。この選手を連れて行くだけでロシアワールドカップの予選突破率は上がると思います。

FW…中村敬斗(ガンバ大阪)

16歳の久保建英(FC東京)を呼べ!って声が大きいですが、その1つ上の中村敬斗もやばいです。まだ17歳ですが、このゴール。相手は日本代表がたくさんいる浦和レッズです。

そして、公式戦ボロボロだったチーム同士の対戦でしたが…それでもこのゴールはすごい。

中村敬斗の場合は世代別代表では結果を出していますが、本人が「20代で海外では遅い、10代で海外に行きたい」って言ってはばからないビックマウスなのがいいです。

そして、それに見合うだけの実力があります。ガンバ大阪でユースからの昇格以外で高校生と契約したのは史上初で、まだ高校3年生ながらプロとして活躍中。しかも公式戦ほぼ全試合出ていますからね。

今年は10代の活躍目覚ましいですが、その中ではトップクラスの選手だと思います。

おすすめJリーガーまとめ

図らずもベテラン2人、ニューカマー2人のおすすめになりましたね。日本代表に行くべき選手だと思っているので、ぜひ使って見てもらいたいです。

今回のロシアワールドカップではなかなか難しいのかもしれませんが…それでも日本代表になってもらいたい選手たちです。

憲剛は本当に呼んでくれたらいいなぁ。